[お役立ち情報] 学生必見!旅行プラン作成時に役立つコツ5つをご紹介

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

学生必見!旅行プラン作成に使えるコツ5つご紹介します

こんにちは。Venlee編集部のTwuttyです。

今回は学生の皆さんに旅行に行くときに是非活用してほしいプラン作成のコツ5つをご紹介していきます。

学生の皆さんにとってせっかく友達や恋人と行く旅行は精一杯楽しみたいですよね。そこで最も大切になってくるのが、「いかに上手に旅行のプランを立てることができるか」というポイントです。

・学生だからできるだけコストを抑えて旅行したい
・旅行のプランを立てるのに便利なアプリが知りたい

これらのポイントも抑えながら今回は説明していきます。

また、最後には飛行機の料金をタダで済ませることができるお得な情報も紹介しますので是非最後までお見逃しなく!

この記事は約7分で読み終えます

旅行プランの立て方を順番にご紹介

まずは旅の目的を決めよう!

その旅行の中で何をしたいのかを決めるところからプラン作成は始まります。なので、まずは一緒に旅行に行くメンバーや、自分がその旅行の中で楽しみたい事から旅の目的を書き出していきましょう。

例)
・日頃学校で疲れているから温泉でゆっくりしたい
・食べるのが好きだからご当地グルメ旅がしたい
・女子旅にしたいからインスタ映えできる場所にたくさん行きたい
・ゼミ・サークルの大人数で行くからアクティビティやBBQを楽しみたい

こうやっていくつか旅の目的を書けたらその中から特に優先したいことを2,3個選びましょう。

やりたいことがたくさんあるのは良いことですが詰め込みすぎてしまうと忙しない旅になってしまうので旅の目的は2,3個に設定するのがベストです

旅の予算を決めよう

旅の目的が絞れたら自分がその旅に費やせる予算を決定しましょう。

早めに旅の予算を決定しておくことでプランを立てている最中に自分と旅の同行者との予算の相違が生まれるのを防ぐことができます。

予算によって移動に使う交通機関や宿泊するホテル、旅行日数などが違ってくるので必ず旅の予算は同行者と話し合って決めておくようにしましょう。

旅の具体的な内容を決めていこう

旅の予算が決まったら旅の目的から実際に回りたい観光地や、宿泊するホテル、使う交通機関を決めていきます。

ここで注意しておきたいのは1日のプランの中に予定を詰め込みすぎないようにしましょう。もし、予定を詰め込みすぎてしまうと、一つの観光地に滞在できる時間が短くなってしまったり、移動時間の方が長くなってしまいせっかくの旅の楽しさが減ってしまいます。

旅にはトラブルがつきものなので時間に余裕を持ったプラン設計をしましょう。

学生旅行のプラン設計のコツ5つをご紹介

宿泊プランは素泊まり、もしくは朝食付きがおすすめ

先ず学生の皆さんにおすすめしたいのがホテルの宿泊プランを素泊まりプラン、もしくは朝食付きプランにすることです。

ホテルの宿泊プランは夕食だけで7,000~10,000円、朝食だけでも2,000~3,000円追加でかかってきます。普通にお店でお腹いっぱいご当地グルメを食べても3,000~4,000円で済みますよね。

また、夕食付プランだと晩御飯の時間やメニューが決まっていますが、素泊まりプランにして外のお店で晩御飯を食べれば自分たちの好きな時間に好きなものを食べれます。

なので、ぜひ旅行のコストを抑えたい方は宿泊プランを素泊まり、もしくは朝食付プランにする事をオススメします。

ホテルは市街地に近いところを選ぼう

旅行に行くとよくホテルが観光地や市街地から少し離れたところにあったりして、車やバスを使わないと行くのが大変な時ってありますよね。そういうホテルは送迎バスを用意してくれていますが遅くても6時くらいまでしか運行していないので夜まで観光することができません。

そんな時に宿泊するホテルを観光地、市街地に近いところにしておけば夜まで観光したり外のお店に晩御飯を食べに行ったりできて充実した1日を過ごすことができます。

ぜひホテル選びの際は観光地、市街地に近いところを選びましょう

パックツアーではなく自分でプラン設計をしよう

今の時代旅行代理店が提供してくれているパックツアーを利用すれば自分で交通機関やホテル予約する必要がないのですごい便利ですよね。

確かにパックツアーは便利で安心ですが、学生の皆さんにはパックツアーでなく自分でプラン設計や諸々の予約をすることをオススメします。

旅行の1日のでプランを自分たちで設計することでプランニング力が身につき、将来会社で働く時にも役に立ちます。そして、自分でプラン設計することで旅行が終わった後にそのプランを見直して反省などもできますよね。

また、自分でプランを立てた方がコストを低く抑えることもできます。是非学生の皆さんは自分で旅行プランの設計を行ってみましょう!

当日の天候も考慮しながらプラン設計を行おう

旅行にはトラブルがつきものです。その中でも最も多いトラブルが天候だと思います。例えば沖縄旅行を計画していたとして当日は海やプールを楽しもうと思っていたけど、当日は雨で何もできなかったとなったら悲しいですよね。

このような天候のトラブルにも対応できるように、上の例で言えば雨だったら海じゃなくて美ら海水族館で楽しもうというような予備のプランを設計しておくようにしましょう。

交通機関は安さだけで決めないようにしよう

学生旅行において交通機関にかけるお金はなるべく安く抑えたいですよね。そんな中交通機関を安く抑えようと思えば新幹線ではなく夜行バス、大手航空会社ではなくLCCという風に方法はたくさんあります。

ですが安さだけを見て使う交通機関を選ぶのはNGです。もし格安の夜行バスを利用した場合移動中熟睡できずに当日寝不足になったり、LCCを利用した場合ターミナルが遠かったり無料機内サービスが無かったりなど安さには何かしらの理由があります。

なので必ず交通機関を選ぶときは安さだけで選ばずに、その安さの裏にある理由もしっかり調べた上で選ぶようにしましょう。

また、大手航空会社とLCCの違いについては下の記事で徹底解説しているので是非合わせてご覧ください。

大手とLCC比較紹介はこちらから

旅行のプラン作成なら「tabiori」がオススメ

出典:tabiori

最後に旅行のプランを友達と作成するときに是非使って欲しいアプリ「tabiori」を紹介していきます!

tabioriは旅のしおりをみんなで作って便利に楽しく旅の思い出を残すことができるアプリです。

「tabiori」で出来ること
・しおり作成・共有機能
・地図で次の目的地判別機能
・旅行期間中のみの位置情報共有機能
・スケジュールアラーム機能
・劣化しない超高画質写真の保存・シェア機能
・持ち物チェックリスト
・メモ機能
・電波がないところでも安心のオフライン閲覧機能

tabioriではこれらの機能であなたの旅行をサポートしてくれます。tabioriはApple StoreGoogle Play両方に対応しているので是非みんなでスケジュールを共有して旅の楽しみを高ていきましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は学生の皆さんに旅行に行くときに是非活用してほしいプラン作成のコツ5つをご紹介させていただきました。もしこの記事が役に立ったよという方は下にあるグッドボタンをポチッとお願いします。では素晴らしい学生旅行をお楽しみください✈️

  • コメント: 2

関連記事

  1. グローバルWiFiの口コミ・評判は?海外行くなら必携アイテム【使い方完全版】

  2. 【必見】umie MOSAIC内のグルメまとめ!実食レビューも合わせてご紹介

  3. 【兵庫】有馬温泉1泊2日モデルコースをご紹介!カップルで満喫する温泉旅♪

  4. 大手とLCCどっちがお得?|知らないと損する航空会社のあれこれを徹底解説!

  5. 140万件のクーポンが使い放題!|旅行に行くなら欠かせない「みんなの優待」をご紹介

  6. 【大阪】観光拠点にもピッタリ!?「TAKUTO STAY 堺筋本町」を徹底レビュー!

  7. 【大阪】1泊600円で「ベストウェスタンプラス ホテルフィーノ大阪北浜」宿泊レビュー

  8. HafH(ハフ)の評判は?7年以上の旅行経験からメリット・デメリットを解説

  9. 【博多】無料でフリービール!?好立地なおしゃれホテル「THE LIVELY 福岡博多」 宿泊記!

  10. 【24年最新】1ヶ月ホテル暮らしをお安く実現!ホテルサブスクの魅力を徹底解説

  11. ザ・リッツカールトン大阪宿泊記!部屋や楽しみ方まで解説【アップグレード】

  12. 【24年最新】夜行バス会社のオススメはここ!初心者でも失敗しないバス選び

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。