【24年最新】リゾートバイトが危ないってホント?回避方法とおすすめ派遣会社6選を紹介

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。
「リゾートバイトに興味あるけど、初めてだからよく分からない

「リゾートバイトって危ないって聞くけど、実際どうなの?」

この記事を読んでいるあなたは、リゾートバイトに興味はあるけど、まだしたことがないからリゾートバイトに対して不安要素があり、悩んでいるのではないでしょうか?

この記事ではリゾートバイトがよく危ないといわれる理由から、リゾートバイトを楽しく成功させるコツまで紹介しているため、リゾートバイトに対する悩みを解決できます。

結論として、リゾートバイトはいくつかの注意点だけ抑えておけば非常に楽しいバイトです。

その注意点やリゾートバイトのオススメ派遣会社についても掲載しているため、あなたに合った求人を見つけられるでしょう。

また、リゾートバイトを始める上で発生しやすい不安・悩みに関してもQ&A形式でご紹介。

最後まで読み終えた頃には、

「今までの漠然とした不安もなくなって、楽しくリゾートバイトできそう!」

というように、リゾートバイトへの不安や悩みもなくなり、安心してリゾートバイトに申し込めるようになっているはず!

さらに、オススメのリゾートバイト地や職種についても実際の口コミをもとに紹介しているため、求人探しの際でも役に立つでしょう。

目次

1.リゾートバイトとは?

リゾートバイトとは日本全国のリゾート地(観光地)にあるホテルや旅館、スキー場、テーマパークなどで住み込みで働くお仕事のこと。

住み込みで働くため、出費を抑えて短期間で稼ぐことができます。

実際に口コミでも「寮も食事3食も全て無料で、月18万稼げた!」という声もあり、通常のバイトよりも稼ぎやすいことが分かります。

そのため、2.3.7.8月などは長期休みを利用しての大学生の利用者が多くなっています。

短い期間でまとまったお金を稼ぎたい人にとっては非常に魅力的なバイトと言えるでしょう。


Resort Baito Diveより引用)

2.リゾートバイトが危ないと言われる理由5選

2-1.不明確な労働条件
2-2.過酷な労働環境
2-3.住居環境の問題
2-4.知らない土地での生活
2-5.知らない人との共同生活

2-1.不明確な労働条件

リゾートバイトが危ないと言われる一つ目の理由は「労働条件が不明確」な場合があることです。

リゾートバイトとは上で述べたように繁忙期のリゾート地に住み込みで働くこと。

そのため、その時の需要に応じて柔軟な労働が求められる場合があります。

「絶対に時間内に業務が終わらないから30~60分残業することは当たり前。それも給料は出ない」

という声もあることから、事前のイメージとは違った労働条件で働くこともあるとのこと。

これを回避するためにも、事前にそのバイト先の労働条件、口コミ等をしっかり確認しておくことが大切と言えます。

2-2.過酷な労働環境

リゾートバイトでは一般的に体力仕事が多いのも一つの特徴です。

例えば、ホテルなどでは朝食の準備があるため朝早くから出勤しないといけません。

加えて、一つ前でも挙げましたが基本的に繁忙期であるため稼働率が高く、一般的なアルバイトよりも体力勝負な仕事となります。

「ハードな職場と聞いていたが想像以上に覚えることが多かったり体力的にキツかったりしてもう辞めたい」

という声も多数あることからも、リゾートバイトのしんどさが伺えます。

そのため、特に初めてのリゾートバイトの際は事前に業務内容をしっかり確認し、自分に合った勤務先を選ぶといいでしょう。

2-3.住居環境の問題

リゾートバイトにおける「居住空間の問題」もよく不満が上がるポイントです。

リゾートバイトではスタッフ用に寮が提供されることがほとんど。

しかし、その寮における清潔度やプライベート空間の広さ、寝具や家具の品質については実際に行ってみないと分からないもの。

実際に「お風呂、トイレ、キッチンは共同だか個室と聞いていましたが建物は古く個室は前の利用者の髪の毛やホコリ、虫の死骸までありました」という口コミもあります。

体力仕事が多い上に、このような環境で1ヶ月暮らすのは大抵の人にとって耐え難いでしょう。

そのため、寮の環境についても明示されているバイト先を選ぶこと。

もし明らかでない場合は派遣会社に問い合わせることが良いでしょう。

2-4.知らない土地での生活

リゾートバイトでは知らない土地での長期間の生活に苦悩する場合もあります。

リゾートバイトを募集するリゾート地は、都市から離れていたり交通インフラが整っていない立地が多いから。

家族・友人との距離もでき、見知らぬ土地での生活に孤独感を感じるのです。

そのため、もしリゾートバイトが初めてで心配であれば以下の2点を試してみるといいでしょう。

・友人と複数人で応募して行く

・最初は短期間で応募してみる

この2つのポイントは多くの求人サイトの絞り込み機能で簡単に検索できるので、是非お試しください。

2-5.知らない人との共同生活

リゾートバイトでは一緒に住み込みで働く人がどんな人か、実際に行くまで分からないのも不安なポイント。

特に寮が相部屋の場合は、約1ヶ月初対面の人と一緒に生活するので不安に思う方も多いでしょう。

実際に口コミでも「人間関係がつらい。」という声は多く見受けられます。

そのため、もし心配な方は以下のような対策をしてみるといいでしょう。

・友人と応募して相部屋にする

・寮の条件を個室にしてバイト先を探す

他にも、特に女性の方は寮が男女別棟になっているものを選ぶことで、異性関係の危険を回避することもできるでしょう。

3.リゾートバイトを成功させるコツ3つ

3-1. 労働条件や環境を詳細に確認する
3-2. 利用する寮の詳細を確認する
3-3. 口コミの高い派遣会社を選ぶ

前章ではリゾートバイトがなぜ危ないと言われるのかについて説明しました。

しかし、だからと言ってリゾートバイトをお勧めしないということでは決してありません!

ここからは前章の情報を踏まえてリゾートバイトを楽しく成功させる方法についてみていきましょう。

3-1.労働条件や環境を詳細に確認する

前章でも記載したように、事前に応募する勤務先の労働条件や環境をしっかり確認することは非常に大切です。

それによって、事前のイメージとのギャップがなくなり、不安がない状態でリゾートバイトに臨めるから。

ここでは、事前にチェックしておくべき労働条件の項目を5つ挙げます。

是非バイト地を選ぶ際にご参考ください。

1.時給・報酬
2.勤務時間・シフト
3.福利厚生
4.仕事内容
5.労働環境

1.時給・報酬

リゾートバイトでは短期間でたくさん稼げるのが最大の魅力。

そのため、賃金が低いとモチベーションが上がらず仕事効率の低下にもつながるでしょう。

また、残業がどれぐらいあるのか、残業代がちゃんと出るのかについても確認が必要です。

2.勤務時間・シフト

週何日、何時間働くのか、シフトは何時からか、シフトは固定かフレキシブルなのかも注意が必要です。

プライベート時間や休日をしっかり確保できるか確認するためです。

リゾートバイトの中には中抜けシフトといって例えば、

・朝の勤務:午前6時~午前10時

・夕方以降の勤務:午後5時〜午後9時

という朝と夕方以降に働き、昼間に休憩を取るシフト形態を採用する場所も多くあります。

これにはもちろん昼間にリゾート地を楽しめるというメリットもありますが、体を休める時間、睡眠時間が短くなるというデメリットもあります。

そのため、自身が希望する応募先がどのようなシフト形態をとっているのかはしっかり確認しておきましょう。

3.福利厚生

応募する勤務先が支給する居住空間、食事、交通費についても確認が必要です。

居住空間の重要性については前章でも述べたとおりですが、食事や交通費も重要な項目です。

リゾートバイトではいかに支出を抑えるかで貯金額が大きく変わるから。

食事について賄いが無料で支給される場所もありますが、一方で有料の施設や無料での提供が1日に1食という所もあります。

交通費についてもリゾートバイトでは上限額が設定されています。

もし、上限額を超えた場合はその分を自己負担することになるので、注意が必要です。

4.仕事内容

仕事内容についても自分の興味やスキルに合ったものを選ぶといいでしょう。

リゾートバイトでは基本的に即戦力を求められることが多いため、研修の期間も短い傾向にあります。

そのため、もし自分に合わない仕事であった場合、体調やメンタルを崩す要因にもなります。

そのような状況を回避するためにも仕事内容についてはチェックが必要です。

5.労働環境

同僚や上司の人間関係、職場の雰囲気は最も重要である反面、最も確認しづらい点かもしれません。

結局は実際に行ってみないと分からない箇所が多いからです。

しかし、それでも事前に派遣会社を通して確認を取ることや、口コミを見ておくことは欠かさずにやっておくと良いでしょう。

3-2.利用する寮の詳細を確認する

リゾートバイトを成功させる上で実際に利用する寮の詳細を確認しておくことは非常に重要です。

2章でもご紹介したように、リゾートバイトでは知らない人との共同生活となるから。

自分のプライベート空間を確保したいという方は相部屋やシェアハウスタイプを避け、個室タイプの部屋を選ぶと良いでしょう。

また女性の方は寮が男女別棟であるかなどもチェックしておくことで、余計なトラブルを避けることもできます。

3-3.口コミの高い派遣会社を選ぶ

リゾートバイトを成功させる上で利用する派遣会社の選定は欠かせません。

「リゾートバイト 派遣会社」と検索するといくつかの候補が出てくると思いますが、会社毎に強みや取り扱う求人数などが違うから。

自分のニーズに合った派遣会社を選ぶことが、理想のリゾートバイト生活を送る第一歩となります。

ではどこの派遣会社がオススメなのかについては、次の章にて詳しく解説していきます。

4.オススメのリゾートバイト派遣会社6選

それではこの章ではVenlee編集部が厳選したオススメのリゾートバイト派遣会社6選をご紹介していきます。

派遣会社毎にその強みや取り扱う求人数が異なるため、是非各社求人サイトの特徴を知った上で派遣会社選定の際にお役立てください。

4-1.「リゾートバイト.com」-株式会社グッドマンサービス
4-2.「ダイブ」-株式会社ダイブ
4-3.「リゾバ.com」-株式会社ヒューマニック
4-4.「OMOTENA」-株式会社スタッフエージェント
4-5.「ワクトリ」-株式会社ワクトリ
4-6.「アルファリゾート」-株式会社アルファスタッフ

4-1.高時給バイトをお探しなら「リゾートバイト.com」

リゾートバイト.com より引用

まず最初に紹介するのは株式会社グッドマンサービスが運営する「リゾートバイト.com 」です。

結論から言うと、リゾートバイト.comは長期間でしっかり稼ぎたい人に非常にオススメの求人サイトです。

以下でその理由について詳しく解説していきます。

「リゾートバイト.com」のメリット3選

1.高時給のバイトが多い
2.幅広い職種が揃っている
3.長期間の求人が多い

1.高時給のバイトが多い

この派遣会社の最大の強みは、業界の中で最も高時給の求人取扱数が多いこと。

一般にリゾートバイト派遣会社の平均時給額は1,000円程度です。

それに対して、リゾートバイト.comの平均時給額は1,200円程度あり、職種によっては1,500円以上の求人も存在します。

そのため、より多くのお金を稼ぎたいという方には非常にオススメの派遣会社と言えるでしょう。

2.幅広い職種が揃っている

多様な職種の求人が掲載されているのも大きな特徴です。

レストラン、フロント、調理などの定番業務から、スキー場や農業、漁業など特色ある仕事まで幅広く用意されています

これにより、自身の興味やスキルに合った職種を選んで、リゾート地でのバイトをより充実させることができるでしょう。

3.長期間の案件が多い

リゾートバイト.comの特徴の一つとして、長期間の案件が多い点が挙げられます。

1ヶ月以上の長期の求人案件が業界トップクラスで豊富に掲載されており、これにより安定して長期間働くことが可能です。

長期間働けば時給アップの可能性もあるため、長期間でしっかり稼ぎたい人には非常におすすめと言えるでしょう。

「リゾートバイト.com」のデメリット

1.超短期の求人が少ない

1.超短期の求人が少ない

逆にデメリットとしては1週間から応募可能な短期の求人が少ないことが挙げられます。

リゾートバイト.comは1ヶ月〜の長期の求人に関しては業界一の取り扱い数であるものの短期の求人は他サイトよりも少ない傾向にあります。

そのため、短期で稼ぎたいという方よりは、長期でしっかり稼ぎたいという人にオススメのサイトと言えるでしょう。

運営会社 株式会社グッドマンサービス
求人数 1,500件以上
勤務可能なエリア 全国
給与の前払いシステム 可能(上限5万円、月2回まで)
社会保険の有無 有(一部保険は条件あり)
公式サイト リゾートバイト.com  

4-2.スタッフサポートを重視する初心者は「ダイブ」


(リゾートバイト ダイブより引用)

次に紹介するのは株式会社ダイブが運営する「ダイブ」です。

結論から言うと、リゾートバイトダイブは、サポート力と求人の多さを重視するリゾートバイト初心者の方にオススメの派遣会社です。

以下でその理由について詳しく解説していきます。

「ダイブ」のメリット2選

1.丁寧なスタッフサポート
2.豊富な求人数

1.丁寧なスタッフサポート

リゾートバイトダイブは、スタッフの対応が良く、個々の求人に合わせた丁寧なヒアリングと長期的なサポートが特長。

求人紹介中や勤務開始後も相談に乗ってくれ、疑問や不安を解消でき、LINEを使った気軽な相談も可能です。

実際に口コミでも「担当者が優しかったです。初めて社会にでて何もわからない自分を色んな面でサポートしてくれた」とあり、サポート体制が整っていることが分かります。

初めてのリゾートバイトでしっかり不安を解消して臨みたい方は是非使ってみるといいでしょう。

2.豊富な求人数

リゾートバイトダイブは、2,000件近くの豊富な求人数も大きな魅力。

検索の条件指定は多くはないものの、実際のユーザーのニーズに合った「人気の条件」で検索できるので人気の求人も見つけやすいです。

サポート体制重視の方は、一度ダイブで自分の希望に合った求人を探してみるといいでしょう。

「ダイブ」のデメリット

1.他社と比べ低時給の傾向
2.長期契約のメリットが少ない

1.他社と比べ低時給の傾向

リゾートバイトダイブは他社に比べ時給が100円程度低い傾向にあります。

「時給は他社よりも安い部分があると感じたが、担当者との距離感やサポート体制は他社より良かった。」との口コミもあります。

そのため、しっかり稼ぐことを重視する方は、他社とも給料を比較して案件を選ぶことをお勧めします。

2.長期契約のメリットが少ない

リゾートバイトダイブは長期契約時の特典が少ないため、他の求人サイトに比べて長期間働いてもメリットを感じにくいことも一つデメリットです。

例えば、上で挙げたリゾートバイト.comでは3ヶ月以上働くと時給アップなどの特典がある一方でリゾートバイトダイブにはそのような特典がありません。

そのため、リゾートバイトダイブを利用する際は、これらの特典に関しては期待しないでおきましょう。

運営会社 株式会社ダイブ
求人件数 1,948件(2023/11/24時点)
勤務可能エリア 全国
給与の前払いシステム あり
社会保険の有無 あり(一部保険は条件あり)
公式サイト リゾートバイト ダイブ公式サイトはこちらから

4-3.業界TOPクラスの求人件数「リゾバ.com」


リゾバ.com より引用)

次に紹介するのは株式会社ヒューマニックが運営する「リゾバ.com 」です。

結論から言うと、リゾバ.comは業界TOPクラスの求人件数とユーザーに寄り添った豊富な検索条件が魅力的。

リゾートバイトが初めてで、求人選びに苦戦している方にオススメのサイトと言えます。

以下で、その理由について詳しく見ていきましょう。

「リゾバ.com」のメリット

1.業界TOPクラスの求人件数
2.ユーザー目線の豊富な検索条件
3.派遣先の情報を詳細に教えてくれる

1.業界TOPクラスの求人件数

リゾバ.comで掲載されている求人件数は2036件(2024年1月4日)と、業界トップクラスの求人掲載数を誇っています。

そのため、あなたの希望に合った求人が掲載されている可能性が高いサイトとも言えます。

また、数ある求人の中でも1週間〜や1ヶ月間の短期バイトの求人数が多いことも特徴的なサイトです。

従って、初のリゾートバイトでまずは短期から初めてみたいと言う方にはオススメのサイトでしょう。

2.ユーザー目線の豊富な検索条件

リゾバ.comはユーザーに寄り添った豊富な検索条件があることも魅力的。

これによって、リゾートバイト初めての方でも数ある求人の中から自分の希望に合った求人が探しやすくなるから。

例えば、他の求人サイトでも「土地」や「期間」「職種」の絞り込みはありますが、リゾバ.comでは「通しシフトの勤務」や「残業が少ない」などの検索条件もあります。

これらは実際にユーザーにとって重視されることが多い条件であるため、時間をかけずに簡単に希望の求人を見つけることができるでしょう。

3.派遣先の情報を詳細に教えてくれる

リゾバ.comについてリサーチしている中で、目立ったのが問い合わせた派遣先の情報を詳細に教えてくれるというポイントです。

例えば、リゾートバイトを始める前に使う寮の実際の間取りや写真をみたいという方もいるでしょう。

そんな時に、リゾバ.comに問い合わせると間取りの写真や可能であれば実際の寮の写真も送ってくれます。

その他にも派遣先について気になることがあれば問い合わせばきちんと答えてくれることから、フォロー体制が整ったサイトと言えるでしょう。

初めてのリゾートバイトで事前に情報をしっかりと得たい方にはぴったりなサイトです。

「リゾバ.com」のデメリット

1.空求人の数が多い

1.空求人の数が多い

リゾバ.comの評判の中でデメリットとして挙げられるのが「空求人の多さ」。

空求人とは求人サイト上には掲載されているものの、実際には募集していない見かけ上の求人のことです。

そのため、掲載求人数は業界トップクラスで多いとはいえ、空求人も紛れている可能性があることは頭に入れておきましょう。

しかし、前述した通りリゾバ.comはフォロー体制が整っているのでそんな時は担当者に希望する条件を伝えれば希望に合った求人を探してくれます。

もし希望する求人が見つからなかった時は、電話で相談してみることをオススメします。

運営会社 株式会社ヒューマニック
求人件数 2,036件(2024/1/4時点)
勤務可能エリア 全国
給与の前払いシステム あり
社会保険の有無 あり(一部保険は条件あり)
公式サイト リゾバ.com公式ホームページ

4-4.ホテル・旅館業界に特化なら「OMOTENA」


OMOTENAより引用)

次に紹介するのは株式会社スタッフエージェントが運営する「OMOTENA」という求人サイトです。

OMOTENAは、ホテル・旅館といったリゾート地での宿泊施設に特化した求人サイトです。

そのため、将来宿泊施設での就労を考えている学生や、接客業が好きな方にオススメのサイトと言えます。

以下で詳しくみていきましょう。

「OMOTENA」のメリット

1.ホテル・旅館に特化した専門性の高さ
2.実務経験のあるスタッフによるフォロー体制
3.高い接客スキルの取得が可能

1.ホテル・旅館に特化した専門性の高さ

OMOTENAはホテル・旅館業界でリゾートバイトを探している方にぴったりな求人サイトです。

OMOTENAはキャッチコピーの「リゾートバイト 日本の旅館でおもてなし」から分かるようにホテルや旅館業務に特化したサイトだから。

このように一つの業界に特化したリゾバ求人サイトは珍しいため、既にホテル業界や接客業務に焦点を絞っている方にとってオススメのサイトと言えるでしょう。

2.実務経験のあるスタッフによるフォロー体制

OMOTENAでは就業者の方が安心して仕事に臨めるようにフォロー体制が整っていることも魅力の一つ。

対応する社員全員がホテル旅館の実務経験者であるため、ユーザーの不安点をよく理解した上で対応してくれるからです。

これによって、リゾートバイト全体の不安点からホテル旅館業界特有の悩みまで解消した上で仕事に臨むことができます。

また、お仕事の紹介から終了時まで一人のコーディネーターが専任で対応してくれる点も気軽に相談しやすく安心できる点と言えるでしょう。

3.高い接客スキルの取得が可能

OMOTENAは前述した通り将来ホテル・旅館業界への就職を考えている学生にとってオススメのサイトです。

OMOTENAではホテル旅館業務に特化しているだけでなく、接客意識の高いホテル・旅館を厳選して掲載している点も特徴の一つだから。

有名な老舗旅館や某テーマパークのオフィシャルホテルなど。

そのため、一般的な派遣先のホテルよりも高い接客スキルやマナーが求められ、そのための研修もしっかりあるため将来のために経験を積みたい人にはオススメできるサイトです。

「OMOTENA」のデメリット

1.求められるスキルに対してコスパが悪い

1.求められるスキルに対してコスパが悪い

OMOTENAでは前述したように接客意識の高いホテル・旅館が多く掲載されており、それらの高いスキルが求められます。

そのため、覚える知識量や業務レベルの高さからコスパが悪いと感じる方もいるでしょう。

実際、リゾートバイトを募集される期間は稼働率も高いため忙しく、しんどく感じるシーンも多いです。

従って、将来のためにある程度モチベーションを高く持てる方は是非利用してみるといいでしょう。

運営会社 株式会社スタッフエージェント
求人件数 1,591件(2023/11/24時点)
勤務可能エリア 全国
給与の前払いシステム あり
社会保険の有無 あり(一部保険は条件あり)
公式サイト OMOTENA公式HP

4-5.仕事とレジャーを両立させるなら「ワクトリ」


ワクトリより引用)

次に紹介するのは、株式会社ワクトリが運営する「ワクトリ」です。

結論から言うと、ワクトリはレジャーと仕事を両立させたい方、リゾートバイトを通してしっかり貯金したい方にオススメのサイトです。

ワクトリには独自の魅力的な制度や特典が多数あるから。

以下でその詳細について詳しく解説していきます。

「ワクトリ」のメリット

1.寮費・食費・光熱費無料の案件が多数
2.独自の制度や特典が魅力的!

1.寮費・食費・光熱費無料の案件が多数

ワクトリは「滞在中に掛かるお金を節約してたくさん貯金したい」「お金をレジャーにたくさん使いたい」という方に非常にオススメの派遣会社です。

なぜならワクトリに掲載されている求人のほとんどは滞在中の寮費・食費・光熱費が無料だから。

寮費や光熱費が無料なのはもちろん、食費も浮くことで1日1,000円程度で計算すると1ヶ月で約3万円節約できますね。

そのため、貯金や滞在中のレジャーを重視したいという方は是非ワクトリを利用してみるといいでしょう。

2.独自の制度や特典が魅力的!

ワクトリには上述の各費用が無料なことの他にも、以下のような魅力的な特典や制度があります。

・お給料即支払制度
・Wi-Fi特別割引プラン
・DMM英会話サービス無料

・お給料の即支払制度

その名の通り、働いた分の給料を最短当日で口座振り込み可能な制度です。

これによって、1ヶ月後や仕事終了まで給料日を待つことなく給料を受け取ることができます。

滞在中に遊びに行きたい時などにお金の心配をすることがなくなるのは魅力的ですね。

・Wi-Fi特別割引プラン

このプランは、ワクトリの会員限定でポケットWi-Fiを通常価格の半額で借りられる特典です。

滞在中、ネット通信量が気になって満足に携帯やタブレットが利用できないとストレスですよね。

ワクトリでこちらのプランを使うとそんな通信量を気にする心配はありません。

宿泊先にWi-Fiが完備されてない場合やレジャー中の通信量が不安な方は是非利用してみるといいでしょう。

・DMM英会話サービス無料

また、ワクトリでは24時間365日、いつでもレッスン可能なDMM英会話が無料で利用できます。

これによって仕事前や仕事終わりなどの好きな時間に気軽に英会話レッスンを受けることができます。

学生で長期休みの間に英会話も始めたいという方は是非利用してみるといいでしょう。

「ワクトリ」のデメリット

1.短期間OKな求人が少ない

1.短期間OKな求人が少ない

ワクトリのデメリットとして短期間OKな求人数が少ないことが挙げられます。

実際に1週間~1ヶ月の期間の求人数は71件(2024/1/6時点)とそれほど多い数とは言えません。

そこから自身の希望する土地や条件で絞っていくと、希望する求人が見つかりにくいこともあるでしょう。

そのため、メリットで挙げたように各費用の節約という点を活かして、しっかり稼ぎたい人は是非利用してみるといいでしょう。

運営会社 株式会社ワクトリ
求人件数 1,841件(2024/1/6時点)
勤務可能エリア 全国
給与の前払いシステム あり
社会保険の有無 あり(一部保険は条件あり)
公式サイト ワクトリ公式HP

4-6.豊富な福利厚生を重視なら「アルファリゾート」


アルファリゾート より引用)

最後に紹介するのは「アルファリゾート 」です。

結論から言うと、アルファリゾートは特典やキャンペーンが豊富で、丁寧なスタッフサポートを提供する派遣会社です。

特に接客が好きな人や非日常的な環境で働きたい人にオススメします。

以下でその理由について詳しく解説していきます。

アルファリゾートのメリット

1.豊富な福利厚生
2.多数の求人と高時給の選択肢

1.豊富な福利厚生

アルファリゾートでは、様々な特典やキャンペーンが用意されていることも魅力。

以下はアルファリゾートで受けられる福利厚生の一覧です。

・無料のオンライン英会話レッスン
・友人紹介キャンペーン
・豪華カタログギフト「EXETIME」プレゼント
・ポケットWi-Fiレンタルキャンペーン
・Tポイントが貯まる

これらを活用することで、コストを抑えつつスキルアップを図ることや、より多くの報酬を得ることも可能です。

2.ホテル・旅館の求人数が豊富

2022年11月時点で約1,900件の求人を保有し、求人数が豊富です。

特にアルファリゾートでは全国のホテル・旅館1000館以上と取引をしており、その中でも温泉旅館の求人が豊富なのも特徴の一つ。

そのため、特典として仕事終わりに毎日温泉に入れる案件も多いため、福利厚生を重視したい人にお勧めです。

また、時給1,700円の高時給求人もあるので、ホテル・旅館業界で効率的に稼ぎたい人は利用してみると良いでしょう。

アルファリゾートのデメリット

1.短期求人の少なさ
2.ホテル・旅館以外の求人の限定性

1.短期求人の少なさ

アルファリゾートは1ヶ月未満の求人数が少なく、「お試しで1ヶ月くらい働きたい」という人には不向きかもしれません。

実際に1ヶ月以内で求人を検索した場合、全国で15件(2024/1/8時点)しか出て来ず、これは他社と比較してもかなり少ない数です。

そのため、長期間でしっかり稼ぎたい人には向いていますが、短期間で働きたい人にはあまり向いていないと言えます。

2.ホテル・旅館以外の求人の限定性

メリットでも挙げましたが、アルバリゾートはホテルや旅館の求人がメインで、他の職種の求人は少ないです。

そのため、ホテルや旅館で働きたい人には適していますが、接客業以外でリゾートバイトしたい方は他の求人サイトを利用することをオススメします。

運営会社 株式会社アルファスタッフ
求人件数 1,900件(2023/11/24時点)
勤務可能エリア 全国
給与の前払いシステム あり
社会保険の有無 あり(一部保険は条件あり)
公式サイト アルファリゾート公式HP

6.初心者におすすめのリゾートバイト職種3選

 

6-1.ハウスキーピング
6-2.レストランスタッフ
6-3.アクティビティスタッフ

6-1.ハウスキーピング

おすすめの職種1つ目はハウスキーピングです。

特別なスキルや経験がなくても始められるため、初心者に最適だから。

ハウスキーピングはリゾートホテルや宿泊施設の清掃や整理整頓を行います。

作業は一人で行うことが多く、自分のペースで働けるのがこの職種の特徴。

また、客室の清潔を保つ重要な役割を担うため、責任感や細かな注意力が自然と養われます。

清掃の技術だけでなく、時間管理や効率的な作業方法など、将来的に役立つスキルも身につくでしょう。

6-2.レストランスタッフ

オススメ職種2つ目は、レストランスタッフです。

接客の基礎から学べるため、未経験者でも安心して始められるから。

リゾートのレストランでのサービススタッフは、お客様に料理を提供する役割を果たします。

お客様との直接的なコミュニケーションを通じて、人と話すことの楽しさや接客スキルを磨くことができます。

また、チームワークを大切にする職種なので、協調性やチームで働く経験も積むことができます。

コミュニケーションを取ることが好きな方や飲食業界に興味がある方は是非挑戦してみると良いでしょう。

6-3.アクティビティスタッフ

オススメ職種3つ目は、アクティビティスタッフ。

アクティビティスタッフは、リゾート地での様々なレクリエーション活動をサポートします。

ハイキング、カヤッキング、ビーチアクティビティなど、初心者でも楽しめるプログラムの手伝いを行います。

特別な技術や経験は不要で、元気とやる気があれば始められ、参加者と一緒に活動を楽しみながらコミュニケーション能力やチームワークのスキルを身につけることができます。

そのため、アクティビティが好きな方や人を楽しませることに興味がある方におすすめの仕事と言えるでしょう。

これらの職種は、初心者でも安心してチャレンジできるものばかり。

リゾートバイトを始める際の一つの参考として、ぜひ検討してみてください。

7.リゾートバイトに向いている人3選

7-1.大学生・専門学生
7-2.フリーター
7-3.旅行好きの方

7-1.大学生・専門学生

大学生や専門学校生にとって、リゾートバイトは短期間でお金を稼ぐのに非常にオススメの手段です。

長期休暇の期間、繁忙期には時給も高くなります。

さらに、住み込みのため、賄いが無料で寮費も負担されることが多く、働いた分を貯金しやすいことも大きな魅力​​。

仲の良い友人と一緒に行けば、初めてのリゾートバイトでも楽しく終えることができるでしょう。

7-2.フリーター

フリーターの方にとってリゾートバイトは、自由度が高く、様々な場所で働くチャンスです。

特に、明確なキャリアプランがない中で様々な職種を経験することは、今後の職業選択に役立つでしょう。

また、寮費や食費が無料のケースが多く、生活費を抑えながら収入を得ることができるのもおすすめと言えるポイント​​。

リゾートバイト地での異なる背景を持つ人々との出会いは、自分の視野を広げる貴重な経験になるでしょう​​。

7-3.旅行好きの方

旅行好きな人にとってリゾートバイトは、働きながら日本全国や特定の観光地を探索する絶好の機会です。

一般的には都市部から離れた観光地での勤務となることが多いですが、これにより日常とは異なる環境で新しい体験をすることができるでしょう​​。

また、住み込みの場合は宿泊費や食費がカバーされるため、旅行資金を貯めやすくなります​。

8.リゾートバイトを始める際によくあるQ&A5選

8-1.どのような職種があるのか?

リゾートバイトでは、ホテルや旅館のフロント、レストランスタッフ、客室清掃などの宿泊施設で必要な職種が主です。

また、季節に応じてスキー場やマリンスポーツなどのアクティビティ系の仕事もあります

8-2.給与はどのくらいなのか?

給与体系は時給制で、求人ごとに時給が異なります。

時間外手当や深夜割増なども求人によって条件が異なるため、具体的な金額は担当営業に確認が必要です。

8-3.住居はどのように提供されるのか?

リゾートバイト中は、施設側が用意する寮に住み込みで働きます。

全国からスタッフが集まるため、寮の提供が一般的です。

就業時間外に拘束されることはありません。

8-4.1日の勤務時間はどれくらいか?

リゾートバイトでは、基本的に1日8時間勤務で、月に4日から8日の休日があります。

ただし、求人によって勤務条件は異なるため、詳細は確認が必要です。

8-5.どのように応募するのか?

応募は、サイトもしくはLINE上から可能で、電話もしくは対面での10~15分程度の面接を通じて選考行われます。

コロナ禍以降、電話での面接がメインであるため顔を出すことなく気軽に面接に臨めるのは良いですね。

稀に直接雇用の求人があり、その場合は追加で施設の担当者との電話またはオンライン面接が実施されることもあります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【予算別!】淡路島のカップル旅行にオススメなおしゃれ宿10選をご紹介!

  2. 【京都観光】観光拠点に最適!「ザ・ポケットホテル烏丸五条」で1泊2日の宿泊記【1泊2,600円】

  3. auスマートパスプレミアムはいらない?入るメリットを7年利用した経験者が語る【令和6年最新】

  4. シェラトン都ホテル東京宿泊記!クラブラウンジやレストランなど徹底解説

  5. 【24年最新】夜行バス会社のオススメはここ!初心者でも失敗しないバス選び

  6. ザ・リッツカールトン大阪宿泊記!部屋や楽しみ方まで解説【アップグレード】

  7. お小遣いも稼げる!?旅行もグルメもお得にポイント活用できる「モッピー」をご紹介

  8. 大手とLCCどっちがお得?|知らないと損する航空会社のあれこれを徹底解説!

  9. 【必見】umie MOSAIC内のグルメまとめ!実食レビューも合わせてご紹介

  10. 【最安値比較】学生におすすめ!国内大手レンタカー会社の比較サイト「たびらい」を紹介

  11. Reluxのクーポンをお得に獲得する方法!旅行歴7年以上の経験から解説【旅行者必見】

  12. 【兵庫】有馬温泉1泊2日モデルコースをご紹介!カップルで満喫する温泉旅♪

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。