ザ・リッツカールトン大阪宿泊記!部屋や楽しみ方まで解説【アップグレード】

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

この記事にたどり着いたあなたは、ザ・リッツカールトン大阪に泊まる予定だけど、どんな部屋なのかや楽しみ方が知りたいのではないでしょうか。

今回は「ザ・リッツカールトン大阪」に1泊2日で宿泊してきましたのでその宿泊記をご紹介していきたいと思います!

ザ・リッツカールトン大阪は、日本において一番最初に誕生したリッツカールトンになりまして、非常にエレガントでホテルに入った瞬間に感じられる荘厳とした雰囲気に圧倒されるぐらい感動的なホテルでした!

また、このホテルはマリオットと呼ばれる有名ホテルグループのうちのブランドであり、最も上のブランドランクである「LUXURY(ラグジュアリー)」というランクに位置しています。まさしく超高級ホテルですね!

今回の記事を通して、以下のお悩みが解決されます。

  • ザ・リッツカールトン大阪はどんなホテルなの?
  • 超高級ホテルだったら結構お値段高そうだけどいくらぐらいなの?
  • ホテルのアメニティ(シャンプーやボールペンなど)って持って帰っていいの?

このような気になるお悩みにも答えていきますので、ぜひ最後までご覧ください!

それでは早速紹介していきます!

※今回掲載する写真は、引用のあるもの以外は全て筆者が撮影したものになります。

この記事は約7分で読み終えます

ザ・リッツカールトン大阪 紹介

改めて、今回ご紹介するホテルは、大阪府の梅田エリアにある「ザ・リッツカールトン大阪」になります!

やっぱりリッツカールトン大阪といえば次のような正面玄関が素敵ですよね!

ドアマンの方が常にこの玄関口のところで立ってらっしゃいますので、入る際はドアを開けてくれます。自動ドアにせずにあえて手動にしているというところがやっぱりこだわりなのかなと思ったりしますね。

このホテルの概要は以下の通りです。

チェックイン 15時〜
チェックアウト 〜11時
総客室数 291室
アクセス ・阪神「梅田駅」西出口より 徒歩約5分
・地下鉄四つ橋線「西梅田駅」北改札口より 徒歩約5分
・JR「大阪駅」桜橋出口より 徒歩約7分
・JR東西線「北新地駅」西改札口より 徒歩約7分
・地下鉄御堂筋線「梅田駅」南改札口より 徒歩約10分
・地下鉄谷町線「東梅田駅」北西改札口より 徒歩約12分
・阪急「梅田駅」中央改札口より 徒歩約15分

大阪の都会エリアである梅田に位置しているこちらのリッツカールトンは、非常にアクセスが良好で、上記にあるどの駅からも徒歩圏内でいけるというのが魅力的ですね!

アクセスが良好ということは、観光拠点としても適しているということになりますので、大阪を思いっきり観光するために利用することもできますね!ただ僕の場合は、こんな超高級ホテルに泊まる時は滅多にないし、もったいないと思ってしまうのでずっとホテルの中で過ごしますが(笑)

以下に、詳細なマップも示しておきますね。

ここからは、具体的な紹介に入っていきます!

客室紹介

今回選ばれたお部屋は、29階にある「2914号室」という角部屋のお部屋になりました!実は今回はなんと、1段階アップグレードをしてくださっているので、予約時より少し広いお部屋となっています!

少し簡単にこのことについて説明すると、マリオットにはエリートステータスというものがありまして、今回私が一緒に泊まった友人がマリオットのゴールドエリート会員を持っていたため、土日にも関わらず無償で1段階アップグレードしてくださいました!非常にありがたいですね!

ちなみに、このお部屋の名称は「デラックスツイン」というお部屋になりますね。予約時は1つ下のランクである「スーペリアツイン」でしたので、そこらのアップグレードになります。

早速お部屋の中をお見せすると、こんな感じの非常に広くて明るいお部屋が広がっています!

部屋に入る瞬間に「うぉぉぉーーーー!」と叫びたくなるぐらい高級感のあるお部屋で、とても良い景色がパノラマ的に望める大きな窓もあってこれがアップグレードの力か!!と思ったぐらい素敵なお部屋でした!

違う角度からの写真も載せておきます。

テレビも55インチという非常に大きなものがあり、横にあるデスクとチェアも高級感満載の雰囲気でこんなところに自分が泊まって良いのか…と思わされる感じでした(笑)

ここで、部屋から見える最高の景色も載せておきますね。

ここからユニバーサル・スタジオ・ジャパンも頑張って見ることができるので、やっぱり高層階って見晴らしが良いなぁと改めて思いましたね。

デスク周り

では、先ほどもちらっと出てきたデスク周りから紹介していくと、このようにボールペン&メモセットやホテル案内・インルームダイニングメニューなどの案内紙が置いてあります。

ちなみに、自分も気になっていたことなのでもしかするとこの記事を見てくれている方も気になっていたかもしれないですが、このボールペンは持って帰っても何の問題もないそうです。

そんなこと知ってるわ!という方もいるかもしれませんが、個人的には持って帰っていいの?とずっと思っていました。気になりすぎて、後ほどもご紹介しますが、ルームサービスを頼んだ際に部屋に来てくれたスタッフの方に聞いてみたところ、「全然持ち帰ってもらって大丈夫です。みなさん、記念に持って帰る方が多いので、遠慮せずに持って帰ってくださいね〜。」とのことでした!

これを聞いて、僕はありがたくボールペンを持ち帰らせていただきました。こんな良いホテル滅多に泊まれないので記念にね(笑)

ベッド周り

次に、ベッド周りを紹介していくと、ベッド同士の間にあるデスク部分には部屋のカーテンを動かすスイッチやUSBポート・コンセント、時計とBOSEの「HOME SPEAKER 450」などが置いてありました。

わざわざカーテンを開けにいく必要がないのがストレスフリーでよかったなと思いました!

また、個人的にBOSEのスピーカーが置いてあったことに関しては高ポイントだなと思いました!僕自身、BOSE製品が好きで、かつ音楽好きなので、自分の好きな曲を流しながらゆっくりできるというのが最高でした!

ただ一つ気になったのが、少しコンセントの数が少ないかなと個人的には思いました。2人で泊まるとなると、コンセントを譲り合うシチュエーションもあったので、その点はお気をつけください。(多いか少ないかは個人差があると思いますので、少なくないと思う方もいるとは思います。)

食器類・冷蔵庫 

では、部屋に入って左側にある食器類や冷蔵庫があるところには、フリーボトルの水が4本も置いてくれていました!

ペットボトルにはリッツカールトンのロゴが記されていて、これだけでもテンションが上がりますねっ!(単純)

その上にはコーヒーカップなどの食器類が置かれています。

また、高級ホテルには必ずと言っていいほど置いてあるネスプレッソマシーンがしっかりありまして、3種類もの味のコーヒーが置かれていたので、非常に優雅なコーヒータイムを楽しむことができました!

その下には冷蔵庫がありますが、中に入ってあるドリンクなどは全て有料になるので、その点はご注意ください。自分たちで買ってきたものを冷やすスペースも広くはないですが、少し余裕があるので、入れることができます。

洗面ブース 

部屋に入って右側にある洗面ブースについて紹介すると、十分すぎる広さの洗面ブースが広がっており、シャワーブースと洗面台、バスタブ、トイレが全て分かれています。

シャワーブースからみていくと、固定式のレインシャワーが備えられています。

シャワー部分が固定されているので、正直細かいところが洗いにくいなとは思いました。動かせるシャワーも置いてくれていたらなおよかったかなと思います。

ちなみに、リッツカールトンのアメニティはAspreyと呼ばれる英国王室御用達のラグジュアリーブランドのものでして、非常に香りが良く、高級感を感じました。

こちらのアメニティももちろん持ち帰り可能ですので、家でもリッツカールトンの気分を味わえますよ〜!

次にトイレを見ていくと、シンプルながらも高級感のあるウォシュレット付きトイレになります。

扉を開けて入ると、自動で蓋が開くタイプのものなので、とても楽でした。

続いて、洗面台周辺についてもご紹介していくと、2つ洗面スペースが備えられています。

左上に見える何やらカラフルなものは何かというと、お風呂に入る時に使うバスソルトになります!

フランス・ブルターニュ産のバスソルトらしく、左から順番に次のような香りが楽しめます。

左(黄色):カモミール(甘くすっきりした香り)
中央():ラベンダー(優しくすがすがしい香り)
右(オレンジ):ローズ(薔薇の高貴な奥深い香り)

その時の気分によって香りを変えられるのはとても良いですよね!それぞれを楽しむために3回お風呂に入りました(笑)

洗面台に置いてあるボディローションや石鹸に関してもAspreyブランドなので、非常に香りが良かったです。

洗面台下の引き出しには次のようなアメニティが揃っています。

歯ブラシや髭剃り、ヘアブラシなど必要なものは一式揃っていました。このような箱に入っているのはやはり高級ホテルらしいですね。

その下にはドライヤーももちろん入っています。

最後に、バスタブを見ていくと、広々としており足をしっかり伸ばせるほどの長さもあります。

ここにもシャンプーなどのアメニティが置いてあるので、2セット分置いてくれているという感じですね。

ここまでが洗面ブースの紹介でした!

ターンダウンサービス

高級ホテルに行くと必ずと言っていいほどターンダウンサービスがありますよね。

晩御飯を食べに出掛けている間にターンダウンが行われており、ここまでしてくれるのかという場面もありました。

部屋から帰ってくると、ベッド横のデスクにペットボトルとグラスが2セット置いてあり、その手前にはなんとリッツカールトンのロゴが記されたチョコレートが2つずつ置いてありました!

このチョコレートはもちろん無料なので、しっかり味わって食べさせて頂きました。

インルームダイニング

インルームダイニングについて説明する前に、マリオットのゴールドエリートステータスの特典について簡単に説明しておきます。

ゴールドエリート特典としては次のようなものがあります。

①滞在ごとに25%分のボーナスポイント
②お部屋のアップグレード(当日空き状況による)
③午後2時までのレイトチェックアウト(翌日の予約状況による)
選べるエリート特典

ゴールドエリートにおいての目立つ特典としてはこんなものかなと思いますが、一番下の選べるエリート特典はチェックイン時に案内がありますが、朝食割引や2,000円分のクレジットなどといった特典を1つ選ぶことができます。

今回はインルームダイニングでの2,000円分クレジット特典を利用させて頂き、お部屋で晩御飯の後のデザートとして、ケーキを頼みました。

「本日のケーキ」というメニューがありまして、その中でも3種類のケーキが用意されていました。

3種類全ての名前が何だったかは忘れてしまいましたが、僕がチョイスしたのはピスタチオのタルトでした。

お水も一緒に運んでくれるので、ありがたいですね。僕は部屋のネスプレッソコーヒーと一緒に楽しませて頂きました。

皆さんもぜひインルームダイニングを使って美味しいものを食べてみてくださいね!

以上、客室紹介でした!

施設紹介

このホテルの主な施設は以下の通りです。

①6つのレストラン・バー・ラウンジ
②ザ・リッツカールトン・グルメショップ
③ザ・リッツカールトン・ブティック
④スパ・フィットネスセンター
⑤ビジネスセンター

今回は③のブティックと④のスパ・フィットネスセンターについてご紹介したいと思います。

ザ・リッツカールトン・ブティック

こちらのブティックは、ホテル1階に位置しており、リッツカールトンのロゴが記された多数のオリジナルグッズが置いてありますので、記念のお土産として買って帰るのも良いですよ〜。

また、リッツカールトンのオンラインショップもあり、ここでもホテル内にあるバスローブやタオルなどの商品が販売されているので、こちらも気になる方はぜひ覗いてみてください!

下にオンラインショップのリンクも貼っておきますね〜。

スパ・フィットネスセンター

こちらはホテル6階にある、スパ&フィットネスセンターになります!

ジムやプール、ジャグジーなどがあるフィットネスセンターに関しては宿泊者は無料で利用することができます!ただし、インドアシューズが必ず必要になるため、もし借りる場合は1つ550円(税込)がかかりますのでその点はご注意ください。(持参がおすすめです)

また、プライベートロッカーやバス&サウナがあるスパエリアに関しては別料金となり、1人1,100円(税込)がかかりますが、ゴールドエリート以上の宿泊者はなんと無料で入ることができるため、さすがゴールドという感じです。

ジムの中の雰囲気はこんな感じです。

いろいろな機材が置いてあり、ここだけで十分満足できる運動ができるなと思いました!僕たちも実際にやってみましたが、やっぱり体を動かすことは楽しいですし、気分がリフレッシュしますね!

また、ペットボトルの水やなんとバナナも置いてあったので、そちらも無料でいただくことができますよ。

プールに関してはインドアプールと、外にはジャグジーもあります。


(出典:ザ・リッツカールトン大阪公式サイト)

サンデッキでゆったり過ごすということもできますので、読書にもおすすめですね!

僕たちは夜に行ったので、十分には利用できなかったですが、いつかまた行く機会がある際は存分に楽しもうと思っているので、ぜひ皆さんもこちらの施設を使い倒してくださいね!

以上、施設紹介でした!

気になる宿泊料金は?

はい!ということで、今回の宿泊料金ですが、結論から申し上げると、友人のポイント宿泊で泊まったため、無料宿泊ということになります。

せっかくなので、今回ご紹介したお部屋の料金をいつも僕たちが愛用している宿泊予約サイト「Relux」での最安値プランを載せておこうと思います。

プラン名:Stay at Ritz-Carlton -室料のみ- 【Reluxプラン】
部屋タイプ 【スタンダードフロア】デラックスツイン
食事タイプ 素泊まり
宿泊人数 2人
宿泊料金 64,530円(税込)

いかがでしょうか!今回アップグレードされたデラックスツインのお部屋を通常予約する場合だと、最安値でこのお値段になりますので、非常にポイント宿泊の価値がありますね!ちなみに、今回予約に必要なマリオットポイントは62,000ポイントだったと聞いているので、1ポイント1円以上の価値があることになりますね!

普段であれば手が出しにくいホテルですが、もし余裕がある方はぜひリッツカールトン大阪に宿泊して、贅沢気分を味わってみてはいかがでしょうか!

以上「ザ・リッツカールトン大阪」の紹介でした!

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は大阪府の梅田エリアにある超高級ホテル「ザ・リッツカールトン大阪」での1泊2日宿泊記をお届けしました。

非常に優雅で非日常空間を味わうことができるホテルですし、何よりホテルスタッフの方のホスピタリティの高さにびっくりさせられる日々でした。ぜひともこの最高なホテルに足を運んでみてくださいね!

ここまでご覧いだただきありがとうございます!Venleeでは主に学生にとって一番便利なサイトを目指して運営しております。旅行系が主なジャンルですが、他のジャンルもたくさん掲載していますので、ぜひ他の記事もご覧くださいね!

関連記事

  1. 【必見】umie MOSAIC内のグルメまとめ!実食レビューも合わせてご紹介

  2. 鰹のたたきが旨い!土佐藁焼き 龍神丸 神戸モザイク店実食レビュー♪

  3. 140万件のクーポンが使い放題!|旅行に行くなら欠かせない「みんなの優待」をご紹介

  4. 2021年オープン!「シジャン 神戸モザイク店」を実食レビュー|絶品韓国グルメをリーズナブルに満喫

  5. 【兵庫】有馬温泉のおすすめホテル10宿を予算別にご紹介!至福の温泉旅を楽しむならここ!

  6. 【京都】ラウンジ使い放題!EN HOTEL KYOTOでゆったり京都一人旅の宿泊記【観光拠点にもおすすめ】

  7. 本格インド料理が楽しめる!老舗インドレストラン 神戸・ゲイロード垂水店 実食レビュー♪

  8. 南国風のおしゃれカフェ Bora Bora 神戸三宮店 実食レビュー♪

  9. 【1泊1250円】ラウンジ使い放題!「ザ ロイヤルパーク キャンバス大阪北浜」宿泊記

  10. これってマナー違反?|知っておかないと怖い夜行バスのマナーを徹底解説

  11. ホテルの最安値プランを知りたいなら「旅プロ」|5秒で簡単ホテル料金一括比較

  12. 人気のレジャー施設や遊びスポットを探すなら「アソビュー!」がおすすめです

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。